主婦でもお金を借りれる!キャッシング一覧

国からお金を借りる

国からお金を借りるというケースは、法人ではよく見かけることですが、個人ではほとんど見かけることはないでしょう。

法人の場合は事業を立ち上げる際に国からの補助金や、公庫からの融資を受けて事業を行うというケースが多いですが、個人の場合は国からの補助金や一時金以外に借りる理由も手段も少ないのが現状となっています。

個人が国からお金を借りるというケースでは「公的な理由」が多くなっています。 例えば、出産費用や引っ越しまたは教育に関する費用を一時的に借りるというものです。

よく言われるのが、奨学金などがコレに相当しますが、奨学金の場合は民間の企業が運営しているケースも存在します。 また、国ではなく地方自治体が運営している奨学金制度も存在しますので、「奨学金=国からの援助」ということに限りません。

他にも国からお金を借りるケースとしては、裁判を起こした際の費用や弁護士に支払う費用の一部を借り入れることも可能です。 これは、分割払いでの請求になるケースも存在しますが、例えば借金を重ねていて自己破産をする際に、弁護士や司法書士に支払う費用も持ち合わせていないので一時的に借りて費用に充当するというようなことも可能です。

国からお金を借りるというケースでは、状況をキチンと説明してそれが認められると借りることが可能になっていますが、基本的に申請した目的以外に使用できないということがポイントになっています。

そのため、まずは目的をハッキリとさせてから書類を作成し申請することが大切です。